ロックフォールAOC

この記事をシェアする!

ブルーチーズの王様、ロックフォールです。

roquefort1.jpg

なかなかオシャレなパッケージです。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

チーズの中でも好き嫌いが最も分かれるのがブルーチーズだと思います。その中で三大ブルーチーズの一つであり、ブルーチーズの王様とも呼ばれているのがこの”ロックフォール”です。

『昔、羊飼いが羊乳を洞窟に置き忘れていたら偶然チーズができた』という話が残っているフランス最古のチーズであり、今でもその洞窟で作られた物のみが”ロックフォール”と名乗れるようです。

roquefort2.jpg

パッケージを開けるとブルーチーズの香りが漂います。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ブルーチーズの王様と呼ばれるのにふさわしく、香りも風味も味もしっかりしており、ちょっととがった感じがします。なので、ブルーチーズが苦手な方にはちょっと辛いかもしれません。

ただ、ハチミツをかけたり、生クリームと混ぜ合わせたりすることで少しまろやかになるので、少しずつ慣れていけば食べれるようになるかもしれません。

roquefort3.jpg

赤ワインとともに
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

また、タンニンがしっかりとあるフルボディの赤ワインによく合います。ともに非常に濃い味ですが、互いに香りを高めあってくれます。

ロックフォールを食べて、改めてブルーチーズのおいしさが分かった気がします。ワタクシはチーズの中ではブルーチーズが一番好きかもしれません。ウォッシュタイプも捨てきれませんが・・・♪