MBAの不具合

この記事をシェアする!

ワタクシが普段使用しているノートパソコンは MacBook Air です。

部屋でつかってる母艦も iMac だし、スマホは iPhone だし、ダブレットは iPad だし・・・ってことで、まんまと Apple の戦略にハマってしまってます。あ、でもカメラは Sony ・・・ってそりゃ Apple のカメラなんてないですもんね(笑)
MBASSD.jpgファームウェアのアップデート用アプリダウンロード画面
MacBook Air × Screenshot

まぁ、 Apple 製品で揃えてしまっていて今のところ不便なことはないですし、ワタクシの場合そんなにハードに使わないんで、故障するってことも経験なしです。どっかに不具合が起こったら、わざわざ Apple サポートに連絡して・・・みたいになって、結構面倒なことになるんでしょうね。。。(汗)
で、そんな MBA (MacBook Air) なんですが、SSD (Solid State Drive) に不具合が見つかったようなんです。
不具合が発見されたのが、MBA 2012(mid) モデルの一部。不具合のあるSSDである場合は無償でSSDの交換をしてもらえるようです。
ワタクシの MBA も 2012(mid) モデルなんで、もしかしたらと思って調べてみました。
SSDに不具合があるかどうかを調べるためには、 Apple App Store で「MacBook Air Flash Storage Firmware Update 1.1」をダウンロード、実行してみるとわかります。
不具合がある場合は、SSD交換を告知するページへリンクされるようです。その場合は、アップルストアやテクニカルサービスに連絡して、交換手続きを行う、という流れになります。
ワタクシもこのアプリケーションを実行してみましたが、「このアップデートは必要ありません。」というアラートが出てきました。ってことは不具合なしってことなんでしょうかね。
もし、MBA 2012(mid) モデルを使用している方がいらっしゃったら、すぐやってみてください。交換期限は発売から3年間ってことなんで、2015年の中旬までってことみたいです。