neutron

この記事をシェアする!

京都市中京区 『neutron』

neutron1.jpg

この「文椿ビルヂング」の2Fにあります。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

京都市営地下鉄の烏丸御池駅から徒歩5分ほどのところにあります。三条通り沿いです。この文椿(ふみつばき)ビルヂングはちょっとオシャレは店が何店舗か入ったビルなんですが、ここの2Fに今回のお店はあります。

neutron2.jpg

オシャレな看板が出迎えてくれます。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

中はアートギャラリーというか、ちょっとした美術品も取り扱っていて購入も出来るようです。

今回、ワタクシが注文したのは、”日替わり特製ランチ”。数量限定とのことだったので、予約していきました。

neutron3.jpg

これが前菜。店では「副菜」と書いてありましたが。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

まず、出てきたのはこの前菜です。左からマグロのお刺身、生ハムと九条ねぎのコロッケ、ラタトゥイユ風サラダ、生しらすのぽん酢合えです。コロッケ以外は冷たく冷やしてあり、逆にコロッケはアツアツでした。こういった細かいところまで気を使ってくれているのは嬉しいですね。

どれもとてもおいしかったのですが、中でもコロッケが非常によかったです。生ハム(火が通ってしまってるけど生ハム?)の塩分が程よく利いていて、それに加えて九条ねぎの食感と甘さが芋との相性もよくとてもおいしく頂きました。

neutron4.jpg

これが今回のメインディッシュ。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

続いて出てきたのが、メインディッシュの「赤ムツのブイヤベース風」。この赤ムツという魚は別名「のどぐろ」といって高級食材なんです。身は鯛に近いのですが、鯛よりも脂が乗っていてぱさつく感じはありません。

これは魚介の旨みがしっかり詰まった料理という感じです。余計な味付けはなく、赤ムツ・あさり・ハマグリそれぞれの香りがしっかり味わえます。

また、その旨みが溶け込んだスープが染み込んだトマトやブロッコリーもとてもおいしいです。このスープがあればライスもパンもいくらでもいけそうでした。

この特製日替わりランチは副菜・メインにライスorパンと飲み物が付いています。ランチとしてはちょうどよい量でした。他にも、ハンバーグやパスタのランチセットがあるようです。ぜひまた来てみたいですね。

コメント/トラックバック/ピンバック

  1. VIC より:

    めっちゃ美味しそう!
    銀むつとはちがうのかな?
    羽田空港限定の空弁 銀むつは一時期めっちゃはまった!

  2. ゆーすけ より:

    vicさん>
    おいしそうでしょ?♪
    銀ムツってのは実は「ムツ」の種類じゃないんですよ。本当は「メロ」って魚なんです。
    なので、紛らわしいからという理由で、今ではもう銀ムツっていう名前を使ったらダメなはず。