道月 (後編)

この記事をシェアする!

さて、前編に引き続き後編のスタートです。

dogetsu2.jpg

パンも温かくておいしいんです。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

前編で3品目まで(プレゼントプレート・アンティパスト・ショートパスタ)紹介しました。

4品目

次は、ロングパスタです。

dogetsu7.jpg

カルボナーラ タリアテッレ
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

dogetsu8.jpg

加茂なすと鶏肉のオイルソース スパゲッティーニ
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

カルボナーラはやはりこのタリアテッレ(或いはフェットチーネ)がよく合います。タマゴとクリームのもっちりしたソースと生めんのタリアテッレの食感とがぴったりです。そこにしっかりした味付けになっており、カルボナーラに良くありがちな「飽きる」ということがありませんでした。

オイルソースはフレッシュトマトの酸味が利いており、オイルソースなのにも関わらずとてもあっさりしていました。そこに手打ちのスパゲッティーニの独特の食感がよくあいます。写真でもわかると思いますが、とても具沢山でサラダパスタを食べているような感じです。

5品目

ついにやってきました。メインディッシュです。(大分酔いも回ってきているのですが・・・。)

dogetsu9.jpg

薩摩黒毛和牛のサルティンボッカ
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

dogetsu10.jpg

薩摩黒毛和牛のタリアータ スペシャルバルサミコソース
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

サルティンボッカはしっかり焼いてあるにも関わらず、柔らかくジューシーで、生ハムの塩気とソースの甘みと肉汁の甘みが絡み合って、とてもおいしく仕上がっています。

タリアータはレアの牛肉にバルサミコソースの甘酸っぱさとほうれん草のソテーの塩辛さ、チーズのまろやかさが程よくマッチしており、しっかりお肉を味わえる逸品です。

どちらも、結構分厚いのにも関わらず非常に柔らかくおいしくいただきました。

6品目

最後にドルチェです。

dogetsu11.jpg

パンナコッタ 季節のフルーツソース
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

dogetsu12.jpg

本場のティラミス
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

この2品には驚かされました。どちらもよくあるデザートですが、どちらも自分が想像していたものとは違っていました。

まずパンナコッタですが、めちゃくちゃまろやかです。ワタクシのパンナコッタのイメージはプリンのバニラ版って感じだったので、食感はプリンのようなものだと思っていたのですが、まったく違いました。どちらかというと、ヨーグルトに近い感じです。そして、味も甘すぎず、水臭すぎず。ベリー系フルーツソースの酸味とよくあって、おいしかったです。

次にティラミスです。このクリーム部分なんですが、とても洋酒が利いています。そして下地のスポンジに染み込ませてあるコーヒーが苦味も香りもしっかり主張しています。この2つだけならもしかしたら微妙な味わいになっていたのかもしれないのですが、ポイントはこの上にかけられているものです。普通、ティラミスはココアパウダーが振ってあると思うのですが、これは削ったチョコレートがかけられています。しかもブラックチョコではなく、しっかり甘みのある、どちらかといえば味の濃いチョコレートなのです。このチョコレートのおかげで、全体がまとまっている気がします。クリーム部分が結構ボリュームがあるのですが、簡単に食べてしまいました。

さて、2回に渡り、この道月の記事を書きました。ここは名前にあるとおり「パスタ」を売りにしているお店なので、その豊富な種類のパスタを味わうために是非行ってみてください。

コメント/トラックバック/ピンバック

  1. より:

    今度、行ってみよ。
    誰と行こうかな~??

  2. ゆーすけ より:

    樹さん>
    ホットドッグプレスで・・・
    ここは全部で10グループも入れないと思うので、行くときは予約しておいた方が無難だと思われます。