ウィンタースポーツ業界の景気

この記事をシェアする!

昨日当りから急に寒くなってきました。

ついに冬が近づいてきたんですかねぇ。

ついに、待ちに待った(待ってない?)冬がやってきました。

って言っても『わぁーい、もうすぐクリスマスだぁ』とか『もう幾つ寝るとお正月♪』といったことで喜んでる年でもないのですが、スキーシーズンの到来を喜んでいるわけです。

で、今シーズンからスキーに参戦しようという友人がいるので、一緒に装備品を物色しに行きました。ナビで”アルペン”を検索して、直行。あの見慣れた三角形の屋根を発見。無事駐車場にも入れて、さてこれからって時のことでした。

『ん?ここパソコンショップじゃん!?』

そう、2004年モデルのナビではちゃんと”アルペン”って書いてありますが、そこはすでにアルペンではなくなってたのです。。。気を取り直して、次の”アルペン”を検索します。車を15分ほど走らせて到着。今回は店名もちゃんと確認してから入店。

『そうそう、こーゆー広いショップで見たほうが・・・、あれ?』

“アルペン”であることには変わりないのですが、売り場面積のうちウィンタースポーツ関係の所は約1割。。。ウィンタースポーツってもう人気ないんですかね。それとも時期の問題なんでしょうか?