待ちに待ってました!

この記事をシェアする!

かなり前に注文していたのですが、やっとこさ手に入りました。

camerakit1.jpg

真ん中のオレンジのやつは今回は関係ありません・・・。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

今回、紹介するのはなにやら怪しげな白い物体。同じ形をしたものが2つパッケージしてあります。

camerakit2.jpg

見た目には同じものが入っているように見えます。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

鋭い方はなんとなくiPodのユニバーサルジャックっぽいなぁというのが分かると思います。が、実際これは何をするものなのでしょうか・・・。

というわけで、その答えは。

camerakit3.jpg

iPad用カメラコネクションキット
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

iPadとデジカメとを接続する為のパーツです。このパーツがなかなか手に入らなかったのですが、やっとこさワタクシのもとにきてくれました。どれくらい手に入りにくかったかと言うと・・・。

 用途をちゃんと考えて

最近の家電の傾向

家電だけに限った話ではないと思いますが、最近の製品は本来の用途以外にも様々な用途があり、元々何の為のものなのかよくわからなくなるようなものがあります。

音楽を聴くためのiPodでゲームができたり、ゲームのためのPS3やPSPで映画を見たり。電話をするための携帯電話で写真を撮ったり、テレビを見たりってのもそうですね。

何の為に使うのか

それだけ使用方法が多岐にわたるわけなので、ほんとに何に使うのかをよく考えてから買う製品を決めないと、結局使わなくなってしまうものも多いのではないでしょうか。

特に最近流行のスマートフォン。iPhoneやXperiaを買ったはいいが、電話やメールに使うだけだと、逆に不便だったりします。カメラの性能などを考えると圧倒的に従来のガラパゴス携帯のほうが使いやすいし高性能なんじゃないでしょうか。でも、それ以外のスマートフォン特有の機能をうまく使いこなせるのであれば・・・。

そんな中、最近「iPadを購入して失敗した」といった記事を見かけるようになりました。これも結局は用途をよく考えないままに買ってしまった人たちのコメントなんじゃないでしょうか。

もともと、電子書籍として話題になったiPadですが、ワタクシの感覚からすると電子書籍ではなくノートパソコンといった方が近い気がします。やはり電子書籍として持つには重たすぎますし、電車であれを読んでるとちょっと違和感があります。

そんなiPadですが、ワタクシはカメラで撮った写真をその場でiPadに取り込んで画像の確認をしたり編集したりってのがしたくて購入しました。ただ、その為にはカメラで撮った画像をiPadに取り込むためにこの「カメラコネクションキット」が必要となるので、iPad購入と同時に購入するつもりでした。(当時はそんなに人気商品だと思ってなかったので・・・。)

 ちょっと長くなりましたが

というわけで、ワタクシはiPadを購入した5月28日にヨドバシカメラで確認したところ、品薄状態でいつ入荷するかわからないと言われました。そこで、商品が入った時用に予約しておいたのですが、それがやっと届いたのです。2ヶ月もかかるなんて・・・。

カメラコネクションキットに戻って

さて、さっそくこのパーツを接続してみましょう。

camerakit4.jpg

iPadに尻尾が生えました。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ワタクシのカメラはSDカードではなくコンパクトフラッシュなので、USBで接続します。見た目はちょっと頼りない感じもしますが、接続するとさっそくカメラを認識して、画像を取り込めるようになりました。スピードもなかなかスムーズでタッチパネルでの操作性も悪くありません。

camerakit5.jpg

扉写真用の写真(実際使用したのとは角度が少し違います)を取り込んだところ
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ズームイン・ズームアウトも簡単にできるので非常に使いやすいです。しかも画像編集アプリをダウンロードしておけば、このままこの写真の編集なんかも可能です。

camerakit6.jpg

画像編集アプリで編集しているところ。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

この編集も非常に簡単に行えます。このアプリは無料ですが、有料のアプリを使えばもっと細かい編集も可能なんでしょう。

ただ、ひとつだけ物足りないことがあります。iPad上で編集した画像を外部に出力しにくい点です。iPadをパソコンに接続すれば取り出せますが、折角ならこのコネクションキットを利用してUSBメモリとか、SDカードとかに保存したいところです。試しにワタクシの普段つかっているUSBメモリを 接続したところ、「このデバイスは利用できません」的なエラーが出ました。最近アメリカでは合法になったとか言う噂の「脱獄」とかすれば可能なんでしょうけどねぇ・・・。