ぼくのなつやすみ そのに

この記事をシェアする!

昨日は「鳴いても撃たれない雉」について書きましたが、引き続きワタクシの実家の自然っぷりをご紹介いたします。

jikka2-5.jpg

六甲の山々と田圃と我が実家の屋根
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

自然っぷりと言いつつ、やっぱり我が実家のアイドルのお話。

jikka2.jpg

“ハナちゃん”
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ハナちゃんが我が実家にやってきてから10年ほどになります。当時は手のひらに乗せられそうな程小さく、目も見えているのか分からない程でした。当初ダンボールに入れて育てていましたが、ずっと鳴き続けていたような気がします。

そんな彼女ももう60歳程度。「もう同年代・・・」と親父は言っておりますが。。。

久々に体を撫でてやると思った以上に痩せています。外犬である彼女は時期的に夏バテしているのかもしれませんが、なんか弱ってきているようでかわいそうです。

jikka3.jpg

夏は当然日影・・・
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ただ、年をとって段々わがままになってきているのか、ワタクシの言うことを聞きません・・・。呼んでも顔をそらしたりします(上写真参考)。近づいてきたから、「お手!」というと、すっと日影に逃げ帰ったり・・・。

まぁ、もうおばあちゃんなんで若者(ワタクシ・・・)の言うことなんて聞けないのでしょうかね。

今年はラニーニャ現象の影響か、とても暑い日が続いています。

jikka4.jpg

穂が出始めているススキ
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

この日も雲ひとつない快晴で、容赦なく太陽が照り付けます。そんな炎天下に毎日さらされているハナちゃんは、体が黒いこともあり、暑さは苦手なようです。

jikka5.jpg

暑さで不機嫌なハナ
Sony α200 × 75-300mm F4.5-5.6 SAL75300

時間によって変化する日影を追い求めてうろうろしながら、ごろごろする毎日のようです。