ぼくのなつやすみ そのさん

この記事をシェアする!

さて、「ぼくのなつやすみ」シリーズ第3弾です。

jikka2-1.jpg

照りつける太陽
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

第1弾、第2弾と「雉」「犬」の話題だったので、今回は残りの「猿」です。

kitakanto-1.JPG

見ざる言わざる聞かざる
Sony α200 × DT18-70mm F3.5-5.6

というわけで、うちの近所では猿はいません・・・。最寄の電車の駅付近(うちから約10キロ弱)では見かけたりしますが。

残念ながらワタクシは桃太郎にも海軍にもなれないようです・・・(笑)

さてさて、今回はうちの回りの風景を少し。

jikka2-3.jpg

この先には・・・
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

なんとなく、この奥には「湯婆婆」か「トトロ」がいそうな感じです・・・。実際には実家の隣家へと続く道なのですが、夜になるとここから先は真っ暗で、小さい頃は非常に怖かった思い出があります。

jikka2-4.jpg

濃緑に映える白い花
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

これは何の花だかご存知ですか?これは「サルスベリ」の花です。漢字でかくと「百日紅」と書きますが、白やピンクの種類もあります。というかワタクシにとってはこの白い花の方がなじみがあったりするのですが・・・。

jikka2-2.jpg

実りの秋までもう少し
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

お盆にもなると稲にも穂が出てきています。田圃を見渡すと若干黄緑がかってみえます。が、その間にはこげ茶色のモノが・・・。

スズメです。さっそくお米を啄ばみに来ているようです。見ていると丸々と太ったスズメもいて、「どんだけ食べてるねん!」と思わずつっこみたくなります(笑)。

こんな自然溢れる我が実家です。やはりワタクシにとって一番のパワースポットですね。