実りの秋

この記事をシェアする!

昨日の記事にも書きましたが、先週末は稲刈りの手伝いの為に実家に帰省しておりました。

harvest1.jpg

Before 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」文字面だけの意味ですが・・・
Sony α200 × DT55-200mm F4-5.6 SAM

ワタクシの実家は田圃作りをしている農家とは言え、農作物を売って儲けを上げているような大規模な農家ではなく、自宅で消費してしまうだけの物を作っています。

なので、田圃だって耕地整理されているわけでもなく、形は様々、田圃によってまちまちです。が、総じて楕円形をしています。

今や、稲刈りはコンバインという機械で刈ってしまえば簡単のように思われますが、きれいな四角形をした田圃の場合はそうかもしれません。しかし、ワタクシの実家のように楕円形の田圃の場合、コンバインではうまく回れない箇所が出てきます。そこで、部分的に手で刈る必要があります。

harvest2.jpg

ちょっと遠くて分かりにくいですが、手で刈った稲を束ねておいてあります。
Sony α200 × DT55-200mm F4-5.6 SAM

とは言え、そんなに大きな田圃でもないので手作業の時間がそんなに多いわけでもありません。

コンバインに乗って稲刈りをしていると、基地を奪われたカエルやバッタが大量に出てきます。またそれを狙ってカラスや鳩、鳶などがやってきます。これもまたちょっとした食物連鎖(?)。(カエルやバッタに混じって蛇が現れたりもしますが・・・。)

harvest3.jpg

After 所々稲株が残ってるところが・・・。ワタクシの技術不足です。。。
Sony α200 × DT55-200mm F4-5.6 SAM

土日まるまる2日間かけて収穫を終えて・・・といきたいところだったのですが、途中からの雨で作業は中断。結局、田圃1つ分刈れずに終ってしまいました。。。