全豪2011

この記事をシェアする!

オーストラリアン・オープンも佳境に入ってきました。

今回はいろんなニュースがありました。

男子シングルス第1・2シードが敗退、錦織選手の3回戦進出、エナン選手の引退、女子シングルス第1シードの嘘会見(笑)・・・。

そんな中、ワタクシが同じラケットを使っているジョコビッチがフェデラーに3-0のストレートで快勝しました。これはジョコビッチがよかったのかフェデラーが悪かったのか・・・。

男子決勝はマレー選手とフェレール選手の勝者vsジョコビッチとなりました。これはこれで面白い試合が見れそうで楽しみです。

一先ずは今夜のマレーvsフェレールですね。

§追記(2011年1月31日)

今回の全豪は男女ともに第1・2シードが敗れるという波乱の大会でしたが、結果としてはともに第3シードのノバク・ジョコビッチ選手とキム・クライシュテルス選手が優勝をおさめました。個人的には初のアジア人チャンピオンを見てみたかったような・・・。