非日常から日常へ

この記事をシェアする!

首都圏では計画停電が続いていますが、徐々に日常へ戻ってきました。

被災地の方々にとってはまだまだ大変だと思いますが、ワタクシの住んでいる川崎では徐々に普段の生活に戻りつつあります。

そこで、ワタクシも今日あたりから震災以前の生活スタイルに戻していこうと考えています。

朝活

震災以降はマックが営業時間を短縮していたので、朝活は休んでいました。ですが、今週からワタクシの地元のマックも24時間営業を再開したので、朝活も復活させるつもりです。

夜の勉強

会社帰りの勉強に関しても同じく休んでいました。結果、朝活もしていないため、2週間近く全く勉強せずに過ごしてしまいました(汗)。そろそろこれも復活です。

ジムでのトレーニング

これまた震災後はジムの営業時間が短縮されていたため、行っていませんでした。今週からは節電しつつも営業時間は通常通りになったようなので、ワタクシのトレーニングも再開したいと思います。

影響

実際、上記のような活動をしていなかった為にその時間帯は部屋にいました。そうすると当然空調等は使っていませんが、少なからず電気を消費してしまいます。また、部屋での食事が増えるため、コンビニやスーパーの簡易な食品を購入することにもなります。

しかし、マックや喫茶店、ジム等はワタクシが行くのと行かないのとに関わらず電気等を消費しているはずなので、部屋の電気を使わず外にいるほうが実は節電に繋がってるのではないでしょうか。

そう思って、少しずつ元の生活に戻していこうと思います。

ただ、勉強にしろトレーニングにしろ、2週間分取り返すためにかなりがんばらないと・・・(汗)。