モノづくり

この記事をシェアする!

先週、ついにiPhone4Sが発売になりました。

iPhone4Sの発売の次はdocomoの新製品発表があり、スマホ業界は今は非常にホットな感じになってますね。そんな中で、やはりiPhone4Sは特にソフトバンクで品薄状態が続いているようです。

で、iPhone4Sの販売でちょっと影が薄くなっちゃいましたが、Sonyのカメラの新型であるα77が14日の発売になりました。ワタクシもちょっと狙ってたりします。といっても、さすがに出てすぐを買うほどお金がないので、年明けぐらいに値下がりしてたらいいなぁ・・・とか考えていました。ところが、これまた品薄状態で予約しないと手に入らないとか。こうなっては値下がりも後ズレしそうな予感・・・。

どうも最近の”話題のモノ”って基本的に発売当初は品薄になりません?(まぁα77はアユタヤの洪水の影響らしいですが・・・)

これだけ、ロジスティクスが発達した世の中なんだから、「品薄戦略」なんてあってないようなものな気がするんですけどねぇ。それとも本気で生産能力が追いついてないとか?それならもうちょっと作り溜めしてから発売すりゃいいのに・・・。

ワタクシは家電サラリーマンではないので「新製品は絶対発売日に買う」ってこともないですし、家電メーカー社員でもないので「ファーストロットは絶対買わない」ってこともないので、欲しいものが欲しいタイミングであれば買うだけなんですが、それにしても消費者がメーカーor小売店側に振り回されすぎている気がする。。。

もうちょっとみんながウィンウィンになる仕組みってできないものですかね。