一期一会

この記事をシェアする!

2011年は震災があったこともあり、人間関係について話題になることが多かったと思います。

実際、2011年の漢字には「絆」という言葉が選ばれました。震災後に婚姻届を出す人が増加したという話も聞いたことがあります。

「人は一人では生きていけない、助け合って生きていくもの」ということは昔から言われていますが、去年ほどそのことを考えた人が多かった年はないのではないでしょうか。

で、今日の記事はそんな大きな話を展開しようとしてるのではなく、ワタクシの身近な話。

実は今月いっぱいで同期が一人会社を辞めるそうです。高専卒の同期なので、年齢も違いますし職種も全然違います。同期と言えど入社以来7年ほど経って、話したのは両手で数えられるくらい。今は同じ寮に住んでるので顔を会わせたら挨拶ぐらいはするけど、話し込むようなことはないぐらいの知り合い。

でも、辞めるって聞くととても寂しい気持ちになりますね。知り合いが一人少なくなるような。

彼は地元に帰って地元のためになるような仕事に就くそうです。昨日、引越し準備をしている彼に会うと、「もし函館に来ることがあったら連絡くださいね。案内します。」と笑顔で話してくれました。

厳密な意味での「一期一会」ではないですが、ちょっとそれに近いものを感じました。

最近はSNS等が浸透したことで、旧友との連絡が非常に取りやすくなりました。もしかしたら「一期一会」なんて言葉が廃れてしまう程、人間関係が維持できるような環境が整いつつあるのかもしれません。ただ、その為には意識的に、積極的に人間関係をメンテナンスすることも必要なんだと思います。

さて、というわけで、みんなで集まってワイワイ騒ぎますか?(笑)

コメント/トラックバック/ピンバック

  1. より:

    ノッてきな的な言葉が出てきた!

  2. ゆーすけ より:

    樹さん>
    こころ踊ってきましたか?w
    そろそろ騒ぎましょう!