5、4、3、2、1!

この記事をシェアする!

今日は日本科学未来館で開催されている”ある企画展”を見に行ってきました。

thunder1.jpg1号のコックピット。一見すると「アムロ行きま〜す」な感じですね。
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5(1680Z)

扉写真のコックピットですが、本当に人が座れる大きさで作ってあって、写真撮影なんかも出来るようになっています。ワタクシは一人で行っていたので、さすがに誰かに撮ってもらうとかはしていませんが・・・。
さて、このコックピット、何のコックピットなのかというと。
thunder2.jpgTHUNDERBIRD 1号とスコット・トレーシー
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5(1680Z)

そう、サンダーバードです。
今年の7月から9月まで、日本化学未来館では「サンダーバード博〜世紀の特撮が描くボクらの未来〜」という企画展が開催されているんです。
thunder3.jpgTHUNDERBIRD 2号
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5(1680Z)

thunder4.jpgロールス・ロイス ペネロープ号
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5(1680Z)

ワタクシ、小さい頃からサンダーバードが大好きだったんです。親が好きだったのか、物心ついた頃にはサンダーバードを録画したビデオテープが何本も置いてありました。
それを何回も何回も見ていたので、ビデオに録画してあるエピソードは今でも覚えています。ちなみに間にあるサンガリアや木下大サーカスのCMもしっかり覚えています(笑)。
thunder5.jpgパーカーとレディー・ペネロープ
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5(1680Z)

この「サンダーバード博」はなかなか面白かったです。めちゃくちゃ懐かしくなって、思わず「ブルーレイコレクターズセット」とかを大人買いしそうになりました(笑)。
一般的には、2号が人気あるんですよね。ジェットモグラとか。
でも、ワタクシ、昔から1号・スコットが大好きなんですよね。ペネロープとパーカーのロンドン支局も結構好きなんですが、大きくなって、ペネロープの声が黒柳徹子さんがやってると知った時はちょっとした衝撃が・・・(笑)。
もし、サンダーバード好きな方がいたら一度行ってみてはいかがでしょうか。サンダーバードの世界に浸る事ができますよ。