Overnight Millionaire part 1

この記事をシェアする!

インドネシア生活が始まって約1か月が経ったわけですが、こちらではちょっとした富豪気分を味わえます。
今回はその第一弾!

millionaire3.jpg札束!(笑)
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

インドネシアでの生活で味わえる富豪気分の一つ目は、「通貨」によるものです。
インドネシアの通貨は「ルピア」ですが、日本円との換算レートは今は大体110ルピア/円ってぐらいです。つまり日本円の約100分の1なのです。(以下、ルピアを「Rp」と表記します。)

たとえば、会社帰りにご飯を食べに行くとして、日本食レストランで定食を食べたら、Rp 100,000弱、同僚(日本人)たちと軽く飲みに行ったら、一人当たりRp 200,000ぐらいになります。

ね、金銭感覚がマヒしそうでしょ?(笑)

インドネシアルピアで流通している紙幣としては、Rp 100,000札・Rp 50,000札・Rp 20,000札・Rp 10,000札・Rp 5,000札・Rp 2,000札・Rp 1,000札の7種類。それ以下の硬貨もあります。
見てわかる通り、一番高額の紙幣でもRp 100,000札なので、日本の感覚では、1,000円札が一番高額紙幣になる感じです。

millionaire2.jpgインドネシアの紙幣&硬貨
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

つまり、財布の中に数万円ぐらい入れておこうと思うと、数百万ルピアを入れておくことになって、Rp 100,000札を数十枚入れておくことになります。

もうね、財布の中にかなりの札束が入ってる感じ。常に財布がパンパンです(笑)
こっちにきて、すぐに炊飯器を買ったのですが、日本製の安いやつでRp 1,200,000ぐらいですね。レジでRp 100,000札12枚でお支払い。

ほら、大富豪気分が味わえそうでしょ?(笑)

millionaire1.jpgほら、財布がパンパン・・・
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

とは言え、こちらではデビットカードとかも結構普及してて、ワタクシもこちらの銀行のデビットカードを作りました。(つい先日、インドネシアでの初給料を振り込んでもらいました。)

物価という面で言うと、全体的に日本よりは安いと思います。ただ、日本で使ってた or 食べてたものと同じものを買おうとすると、結構高くなっちゃいますね。なので、なるべく現地のものを使うほうがコストは抑えられるかと。
まぁ、まだインドネシアに来て、1か月程度しか経ってないので、経験していないことが圧倒的に多いです。また、金銭面で面白い経験をしたら、記事にしようと思うので、お楽しみに。

では、次回は富豪気分第2弾です。