無人島探索ツアー 【2009年9月22日~9月23日】

この記事をシェアする!

瀬戸内海に浮かぶ無人島の探索に行ってきました。

okayama-1.JPG

探索ツアー出発前

ここは、岡山県牛窓。

今回の目的は「シーカヤック」です。海を進むカヌーですね。なんとなく想像できると思いますが、カヤックってのは場合によってひっくり返る恐れがあるので、電子機器なん当然持っていけません。よって写真なんて当然ありません(笑)

扉写真の下のほうに小屋みたいなのが写ってると思いますが、ここから3~4km海を渡って、無人島まで行きます。ちなみにワタクシはカヤック初挑戦です。相方と一緒だったのですが、ワタクシの相方はカナヅチなんです。と、不安要素満点の中、簡単な講習を受けていざ出航!

おぉ、思ったよりも進む!!何回がグイッグイッと漕ぐとすーっと進みます。インストラクターの人に話を聞くと、もともとシーカヤックは探検用に作られたものなので、楽に長距離を進めるようになっているようです。

でも、調子にのって漕いだあと、ちょっと休憩するとすぐ止まります。。。自転車のように勢いで転がっていくってことはなくて、休むと止まります。しかも、海の上で止まるとカヤックがうねる為、若干気持ち悪い。。。船酔いしそうになりました(涙)

というわけで、疲れない程度のスピードでゆーっくり進むのが理想みたいです。でも、海面すぐのところを自分の力で漕いでるととても気持ちよかったです。ワタクシ達は日ごろの行いのおかげで見れませんでしたが、日によってはスナメリ(ちっちゃい鯨みたいなやつ)が出てきたりもするようです。

1時間程度漕いだら無人島に到着。なんと島には老夫婦が住んでるらしく・・・!?

無人島じゃないじゃん!!

ま、まぁ、一応老夫婦2人だけが住んでる有人島で小一時間休憩です。インストラクターの人が持ってきてくれた紅茶とゼリーでティータイム。普段使わない筋肉を使っているのか、やはり腕は疲れてました。

で、休憩&島の探索(っていうても、ちょっとした森と畑だけ)を終えて、あとは帰るだけです。もときた道(っていうのか?)を同じようにのんびりと漕いで小屋に到着です。

インストラクターに別れを告げたワタクシ達はそこから北上し、湯原温泉で1泊。シーカヤックでの疲れを温泉で癒しました。

そして、翌日。

岡山そして秋、といえば!そう果物!!

この日はぶどう狩りにやってきました。

okayama-2.JPG

『くぼ観光農場』のピオーネ。ピオーネはワタクシが一番好きな品種です。

大量にぶどうがならんでますが、『○○狩り』によくある話で、ぶどうなんてそんなに何房も食べれるわけじゃありません。。。

一応相方とがんばって3房完食。ただ、おかげで昼食は不必要になりました。。。(笑)

岡山といえばマスカットです。このピオーネはそのマスカットの一種の「マスカットオブアレキサンドリア」と「巨峰」を掛け合わせてできた品種で、甘みと酸味のバランスがよくてワタクシ大好きなんです。

瀬戸内海&温泉&ぶどうと岡山を満喫できた旅行でした♪