川崎市実業団第4戦

この記事をシェアする!

昨日、実業団団体戦の第4戦がありました。

結果はというと、ワタクシ個人的にも、チーム的にも負けてしまいました。これでチームの戦績は2勝2敗です。

今回ワタクシはシングルス3として出場したんですが、結果は6-8で負けてしまいました。

 敗因

次回への糧にすべく、今回の敗因を分析してみました。

練習量

これに関しては、どうしても満足のいくほどできないのが現状です。ですが、練習量を言い訳にはしてられません。ワタクシのようなサラリーマンにとって平日にはほとんど練習できないので、練習できるときに効率よくうまくなる必要があります。そのために、今回のような試合の度に課題を見つけて、次回の練習に生かしていきたいと思っております。

コンディション

これは、そんなに悪くはありませんでした。前日に職場の忘年会がありましたが、疲れが残っていることもなかったので、影響はなかったと思います。ただ、忘年会1次会としてボウリングに行ったのですが、そのせいで腕が若干筋肉痛にはなってました。。。

苦手意識

これが非常に大きいと思われます。以前にも書いた通り、ワタクシ、シングルスが非常に苦手です。どうしても序盤に体が固くなってしまい、簡単にゲームを落としてしまうことがおおいんです。で、途中から挽回していっても時すでに遅しです。しかも、序盤でミスが嵩んでしまってることで、試合を通して思いっきり打てなくなってしまうことが多いです。

慣れ

上の苦手意識にも繋がりますが、シングルスの試合経験が少ないので、どうも戦略がはっきりしないときが多いんです。ダブルスだと試合にも慣れていて、「どこに打てばいいか」を体が覚えている感じがあります。でもシングルスだと、どう攻めていけばいいかよくわからないまま、相手の流れに巻き込まれてるんです。

ストローク力

もともと、ダブルスばっかりやってたので、ストローク力が弱いんです(ボレーがうまいかと言われると・・・汗)。そこで、川崎に引っ越してきてから通い始めたスクールではストロークの根本的な改造に取り組んでいます。ただ、年季の入った今の打ち方がなかなか抜けなくて、練習ではうまくいくものの、試合になると前の打ち方に戻ってしまい、どうしてもラリーで押されちゃう&ミスが早いという結果になってしまいます。

 課題

イメージ

なんといっても、ポイントを取れるパターンのイメージを持つ必要があります。今まではストローク力の向上のみに主眼をおいて練習していましたが、ポイントのパターンも考えながらラリーするようにしたいです。

ストローク力

やはり、シングルスにはこれは欠かせません。速く強力な球を打つのではなく、ミスをしない安全な球筋の球を打てるような練習を継続していきます。

精神力

今はどうしてもシングルスに対する苦手意識から、「あぁ、またシングルスだよぉ・・・。」とちょっと弱気なところからスタートしてしまってます。これでは勝てる試合も勝てなくなってしまうので、もっと強気にラケットを振り回せるように苦手意識克服⇒シングルスが得意という選手になりたいです。

まぁ、要するにもっと練習して経験を積んで、シングルスプレーヤーになってやる!という野心のもとストローク力の向上を目指してみる、というスタンスでがんばっていきたいと思います。