Winbledon 開幕

この記事をシェアする!

ついに2010年のウィンブルドンが開幕します。

テニスのグランドスラムの中で最も権威のある大会『Winbledon』が今日開幕です。

日本選手

何と言っても注目すべきは錦織圭選手でしょう。今回は主催者推薦での出場ですが、1回戦はいきなり第2シードのラファエル・ナダルとの対戦です。非常に厳しい戦いになると思われますが、一昨年のチャンピオンにどこまで迫れるのかたのしみです。

あとは男子で久しぶりにもう一人、添田豪選手がラッキールーザー(予選敗退したものの、本戦出場選手が棄権した時に予選敗者の中から選ばれる)で本戦出場を果たしました。1回線は予選から勝ち上がったフィッシャー選手ですが、がんばってほしいものです。

女子では、クルム伊達公子選手・森田あゆみ選手・奈良くるみ選手の3名が本戦出場です。伊達選手は全仏に続く快挙を、森田選手と奈良選手は初の初戦突破を期待したいです。

全体的に

今大会は男女ともに王者がどうなるかが気になるところです。

男子ではロジャー・フェデラー。ここのところ成績はあまり良くありません。前哨戦でも決勝でレイトン・ヒューイットに負けてしまいました。逆にナダルは昨年の膝の故障から復活し、ランキングも1位に返り咲きました。勢いは完全にナダルの方が上ですが、そこは芝の王者フェデラーがどう戦うのかが見所ではないでしょうか。

女子ではウィリアムズ姉妹の牙城を誰が崩すのかに期待したいところです。第1・2シードを締めているウィリアムズ姉妹ですが、第3シードのウォズニアッキ、第4シードのヤンコビッチ、全仏優勝で勢いのある第5シードのスキアボーネ、全仏準優勝で第6シードのストーサーと実力は肉薄していると思われます。他にもクライステルス・エナンのベルギー勢に中国のリーやロシアのシャラポアもいます。誰が勝ってもおかしくないと思われます。

というわけで

またまた、観戦の日々が始まりそうです。センターコートに屋根が出来て雨天順延にはならなくなったおかげで時間的には見やすくなったはずですが、それでもやはり寝不足は必至です・・・。

§追記(2010年6月23日)

オープニングマッチからフェデラーは大苦戦でしたね。やはり調子は良くないのでしょうか。
錦織選手はストレートで負けてしまいましたが、所々いいショットがあったと思います。というか、世界ラング1位で強烈なストロークで有名なナダル相手にあそこまで打ち合えたのは素晴らしいのではないでしょうか。今後こーいった試合を繰り返して強くなっていってほしいものです。

§追記(2010年6月25日)

すごい記録が出ましたね。アイズナー vs マウーの一戦。
スコアは、6-4、3-6、6-7(7-9)、7-6(7-3)、70-68。
数々の記録を塗り替えたようです。
 試合時間最長記録:11時間5分(ファイナルセット最長記録:8時間11分)
 ゲーム数最多記録:183ゲーム
 サービスエース記録:アイズナー112本
 試合内サービスエース記録:(2人で)215本