resonance レゾナンス

この記事をシェアする!

東京駅近くの「TOKIA」2階にあるフランス料理”resonance”です。

resonance1.jpg

フランス語で「響き」という意味の店名
iPhone4S

ここは「食と音楽と美を楽しめる」がコンセプトとなったビル「TOKIA」の2階にあります。

結構、気軽にフレンチが楽しめるお店で、ワタクシがいった時もおしゃれなコンパっぽい集団もいました。かと言って、騒がしいわけではないので、ゆっくり食事を楽しむことができます。

resonance2.jpg

Amuse (付きだし)
iPhone4S

左から「豆腐のムース 和芥子ムース添え」「里芋揚 トリュフソース」「柘榴のゼリー」です。

ちなみに今回の料理名はワタクシの創作です(笑)。大体あってるとは思いますが、きちんと覚えてるわけではないので・・・(汗)。

この「豆腐のムース」がなかなか面白い。見た感じ付きだしにしてはボリュームがあるように見えますが、これかなりフワフワなんです。泡を食べてる感じです。でも、しっかりとした塩気と芥子のツンとした味が利いていて、食欲をかりたててくれます。

里芋揚は外は香ばしく、中はホクホクです。また、ザクロゼリーも中に白タピオカなんかが入っていて、様々な食感が楽しめました。

resonance3.jpg

Les entree (前菜)
iPhone4S

ここのコースは前菜とメインが好きなものを選べるんです。ワタクシがチョイスしたのは、「平目のカルパッチョ」です。これも非常においしかったです。ヒラメとかタイとかって、結構噛みにくかったりしません?それが、これはもったりとした感じで、とても食べやすくなっていました。また、上に乗っているのがライムのソース(泡?)なんですが、このライムの微かな風味がヒラメとマッチしてとてもさわやかになっていました。

resonance4.jpg

Les poisson 1 (魚料理)
iPhone4S

魚料理は固定です。この料理は名前が全く思い出せません・・・。魚はタイの一種だったと思いますが、それをギリシャの麺で巻いたものを揚げてあるようです。この料理はもともとは甲殻類を使ったソースなんですが、実はワタクシが次のメイン料理に甲殻類の料理を選んだので、青りんごのソースに変更してくれました。

揚げ物なのですが、その青りんごソースのさわやかな酸味で、非常にさっぱり食べることができました。周りの麺もサクサクに揚がっているので、食感もよく、おいしく頂きました。

resonance5.jpg

Les poisson 2 (魚料理)
iPhone4S

先ほどにも書きましたが、メイン料理もチョイスできます。ワタクシはメイン料理に「ブルターニュ産 オマール海老のグリル」を選びました。

これはもう一言、「うまい」です。ギャルソンの人によると、カナダ産のオマール海老はよく出回っているらしいのですが、このブルターニュ産がもっともおいしく、なかなか出回らないとのこと。違いがわかるような人間ではないですが、このオマール海老がとてもおいしかったのは事実です。

resonance6.jpg

Les dessert (デザート)
iPhone4S

デザートも数種類から選べます。ワタクシが選んだのは「丹波産 和栗のモンブラン」です。ワタクシ、モンブラン大好きなんです。和栗のしっかり深みのある甘さのあるモンブランでした。

実は、コースには食前酒やグラニテ、プティフールなんかも出てきたのですが、写真忘れてました。どれもおいしくいただきました。

今回はワタクシのチョイスのせいで、魚介類のコースみたいになってしまいましたが、結構しっかりとしたコースが比較的手頃な価格で食べれるお店です。機会があればぜひ利用してみてください。