MENU

密教

今回ご紹介するのは大阪の中津にあるスープカレー専門店の密教です。店名は「密教」なのでインドっぽいんですが、インドカレーじゃなくてスープカレーの専門店です。

TakeOutもできるようです。打包(ダァパオ)ってシンガポールでも言ってたな。

ワタクシのイメージだと、この店の場所は結構入れ替わりが激しくて、この店も数カ月前にオープンしました。その前は確か麻婆系のお店だったような・・・

さて、この「密教」ですが、メニューが色々と選べます。(というかスープカレーのお店ってこんな感じなのかな?)

辛さの表現

メインの具材・スープ・辛さ・トッピング・ご飯の量を選んでいくのですが、店員の(おそらく)インド人の方が辛さについては丁寧に教えてくれました。

このお店では辛さが「0:無辛」から「50:前」まで選べるのですが、0~9までは「無辛~中辛~辛口」、それ以上になると、「臨:10」「兵:15」「闘:20」「者:25」・・・と続き、「50:前」となります。

インドと日本と中国と・・・

最初に書いた通り、ここは店名が「密教」:インド(チベット?)、メニューが「スープカレー」:日本、辛さ表現が「道教」:中国とある意味でグローバル(笑)。

スープカレーとは言え

ワタクシは今回、メインの具材:やわらか揚げ鶏、スープ:ココナッツ、辛さ:2(おこちゃま舌なので笑)、トッピングなし、ご飯の量:並盛り(200g)を選びました。

ワタクシの選択だとこんな感じ。ココナッツカレーっぽくなってますね。

上の写真では分かりにくいですが、スープカレーっぽく野菜がたくさん入っています。定番のパプリカ・人参・なす・レンコン・ブロッコリー・たまねぎ・じゃがいも・かぼちゃ・マイタケって感じでしょうか。

スープカレーってこうやってたくさんの野菜が手軽に食べられるのがいいですね。

揚げ鶏も結構しっかり味が入っていて、しかもかなり柔らかく、とてもおいしくいただきました。
上でスープカレー:日本って感じで書いてますが、ワタクシのこの選択だとココナッツスープにしたこともあって、どちらかというとインドカレーっぽい感じで食べれました。

これから寒くなっていくので、こういう体をあたためてくれる料理はいいですね。
また、近いうちに他のスープも挑戦してみたいですね。

ゆーすけ

スープの種類は他に、スタンダード・トマト・ミルキーソイ・海老味噌ってのがあります。どれも美味しそう。

Please share!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Comment

コメント一覧 (1件)

コメントする