ゆーすけのゆーとぴあ ver. 2.1

~ Celeste + α な生活 ~

近畿

orfeu

神戸元町にあるフランス料理屋「orfeu」です。

orfeu5.jpg

ちょいとぼけちゃってますが・・・。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

 

 

神戸大丸から徒歩数分のところにあるフランス料理屋さんです。店内の雰囲気は黒を基調としたシックな感じで席もゆったりしています。8階にあるので、景色もきれいなんじゃないでしょうか。

今回、ワタクシが頂いたコースは

1.付き出し

2.前菜1

3.前菜2

4.メイン

5.デザート

になっています。

 

まず、1.付き出しですが、写真を撮っていません(汗)。内容はカリフラワームースのようなものの上に炭火でタタキのように焼いたマグロが乗っているものでした。ムースの方にしっかりとした塩気があり、それとマグロの香ばしさがマッチしており、とてもさっぱりとした口当たりの柔らかいものでした。

 

さて、次は2.前菜1です。

orfeu1.jpg

ホタテもメインのひとつですが、ピントが・・・
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

これは、フォアグラとホタテのソテーにキノコソテーが添えてあり、トリュフのソースがかかっているものです。フォアグラソテーはレアに仕上がっており、フォアグラの濃厚な味が楽しめます。それにトリュフの甘めのソースが非常によくあいます。キノコソテーも数種類のキノコが使われていて非常に風味豊かです。フォアグラもトリュフソースもとても濃厚なだけに、ちょっとあっさりしたホタテが口の中を洗い流してくれるようでした。ホタテの風味が口に残り、爽やかな磯の香りで口の中が満たされます。

 

次は、3.前菜2です。

orfeu2.jpg

見た目にはエビがメインのようですが。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

 

こちらはギャルソンの方が「前菜2品目」とおっしゃっていたので、そう書きましたが、実際は魚料理といってもいいかもしれません。

アマダイを鱗のままオリーブオイルで煮込んであるようです。鱗の部分はカリっと仕上がっており、そのまま食べれます。これが食感のアクセントになってとてもおいしいです。付け合せにエビと銀杏がついています。銀杏は季節を感じさせますね。エビもとても甘く、味の濃いものでした。ただ、オリーブオイルをふんだんに使用しているためちょっと脂っこいかもしれません。

 

いよいよメインです。

orfeu3.jpg

しっかりとしたお肉です。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

 

このコースはメインは5品程度から選べます。ワタクシが選んだのは仔羊背肉のローストです。ナイフをいれるとすっときれ、口に入れるとしっかりした肉の食感がありながらも非常に柔らかいです。

また羊独特の香りはありますが、しつこい香りではなくふっと鼻をくすぐる程度で、脂身の甘みとも非常にあいます。付け合せの野菜(南瓜・青唐)はあっさりとした味付けになっており、肉との相性もいいです。最後は骨を手でもって豪快にいける一品です。(ちゃんとフィンガーボールも用意されています。)

 

最後はデザートです。

orfeu4.jpg

な、何か刺さってる!?
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

 

デザートも数種類から選べるのですが、ワタクシは秋茄子のミルフィーユの焼きナスアイス添えにしました。焼きナスアイスは以前にも食べたことがあったのですが、前回はシャーベットのようになっていましたが、今回はとてもまろやかです。焼きナスチップスとともに食べると焼きナスの香ばしさが引き立っておいしくいただけました。

また、ミルフィーユは秋茄子を何か(忘れちゃいました 汗)でマリネしたものを挟んであるのですが、酸味があってさっぱりといただけます。食感はしっかり茄子でした(漬物っぽい食感かな)。

 

今回のコースはスープやサラダが無いため、フルコースとは言わないかもしれませんが、非常に満足しました。というかかなりお腹いっぱいになりました。ご馳走様です♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK