ゆーすけのゆーとぴあ ver. 2.1

~ Celeste + α な生活 ~

PC・IT・ホームページ

IT機器の買替時期

最近では、パソコンやスマートフォン、タブレットなど、いろんなIT機器に囲まれて生活しているわけで、また、各メーカーから毎年のように新製品が発売され、どんどん新機能が追加されたり、性能が良くなったりしていきます。

そんな中、こういったIT機器を皆さんはどれくらいの頻度で買い替えていますか?

ガジェットの一般的な買い替え時期は?

世間では、このようなIT機器を『ガジェット』と呼んだりすると思いますが、これらの買い替えのタイミングって難しくないですか?

このまま使用できそうな気もするし、でも電池の持ちが悪くなってきたり、アプリがどんどん新バージョンになっていくことで、古いガジェットだと動きにくくなったり、サポートが終了したり・・・

 

ワタクシの個人的なイメージとしては、スマートフォンは3年前後で買い替える人が多いんでしょうか?タブレットやパソコンは5年~10年とか?

一般的な指標を元に考察してみると、スマートフォンに関しては、日本ではメジャーキャリアの分割割引等が2年であることから、分割の終わる2年を目途に買い替えるという人が多いのかもしれません。パソコンに関しては法人税法上の耐用年数が4年となっているので、大体4年を経過したぐらいが買い替え時ということなのかもしれません。

 

ワタクシは、比較的ガジェット好きな方に入ると思うので、更新頻度はそこそこ高いほうかと思います。でも、そもそもこういうガジェットの価格も年々高くなってる気がして・・・。

まぁ、“比較的”ガジェット好きなだけで、よくブログとかで見かけるように、新製品が出たら必ず購入してレビューを書きます!って感じではないのですが、とは言え、新製品が出たら気にならないわけでもないし・・・

 

というわけで、新たなガジェットを(笑)

ごちゃごちゃと前置きを書きましたが、実はメインで使用しているラップトップを買い替えました。

以前の記事にも少し登場していますが、インドネシアでメインで使用していたのは、Mac Book Airです。

今まで使用のMBA

モデルとしては、“Mac Book Air (2012 mid)”と言うことで、約5年前のモデルを使用していました。

MBA (2012mid)
Sony α77 Ⅱ × Vario-Sonnar T* 16-80mm F3.5-4.5ZA (SAL1680Z)

5年前のモデルとは言え、まだまだ十分に機能しているのですが、このブログを書くに当たって、ネット上の情報を見つつ、写真を管理するアプリを立ち上げて、音楽を聴きつつ・・・って感じで一挙に複数のアプリを立ち上げで作業していると若干挙動が怪しくなることが出てきました。

 

また、日本にいる時は母艦機としてiMacを使用しており、外出時用にMac Book Airを使用していたのですが、インドネシアにはiMacは持ってきておらず、Mac Book Airのみなんです。

そうすると、写真や音楽の管理も全てこのMac Book Airでやることになり、結果としてインストールするアプリが多くなってしまう、という状態でもありました。

新兵器はどれにしようか・・・

そんな状況のなか、昨年から買い替えを模索している中で気になっていたのが、Mac Book Proです。

高性能ラップトップであるMac Book Proなら母艦機・外出時の両方の用途に使用しうる(外出時は若干重いですが)ということで、狙っていたところ、2016年後半に新型Mac Book Proが発売されました。

これはチャンス!と思って購入を本気で考えていたのですが、発売直後に不具合が多発しているということをいろんなブログで見かけました。また、2017年にはマイナーチェンジ&値下げがあるのでは?という情報も目にしたので、昨年はひとまず様子見することにしていたのです。

Mac Book Pro 2017

そんな中、皆さんの予想通り(?)今年の春にマイナーチェンジしたMac Book Proが発売されました。値上げされてましたが・・・(涙)。

ただ、昨年見送っていたこともあり、今回は買い替えることにしました。

今回、ワタクシが購入したのは、Mac Book Pro 2017の15インチのスペースグレイモデルで、ストレージを512GBに、キーボードをUS配列にしたものにしました。

US配列のキーボード
Sony α77 Ⅱ × Vario-Sonnar T* 16-80mm F3.5-4.5ZA (SAL1680Z)

というわけで、この記事も新しいMac Book Proで書いているのですが、今のところ快適に使用出来ております。

記事を書いていく上で、前のMac Book Airとの違いで一番大きなものはキーボードの変化です。

まずは、US配列キーボード。
上の写真を見ていただくと分かると思うんですが、日本語用(JIS配列)キーボードではなく英語用(US配列)のキーボードにしてみました。
実は、ワタクシ、会社で使用しているパソコンは、インドネシアのものなので、US配列なんです。

で、仕事でこのキーボードに慣れてくると、若干JIS配列のキーボードが打ちにくく感じるようになってました。US配列にしたことで、より快適に文字が打てるようになりました。

次に「第2世代バタフライキーボード」というやつです。
詳しくはAppleのHPでも見ていただくとして、キーボードの打感が結構変わりました。

2016年のMac Book Proが発売されたときは、このバタフライキーボードの打鍵音が賛否両論あったようですが、2017年版は少し改良が加えられているとかいないとか・・・。
今のところ、ワタクシはなんの違和感もなく使用しております。
まぁ、まだ家の中でしか使用していませんが、外で使うと結構気になったりするんでしょうか。

 

というわけで、まだ使い始めたばかりなので、快適なところしか見えてない(笑)ですが、折角、CPUもメモリもパワーアップしたので、いろいろとアプリを入れて、充実させていきましょうかね。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 2010購入のMacBook Pro使用者です。
    なまじっか動く&変に愛着が湧いてなかなか買い替えの踏ん切りが付かない…。

    とはいえ、最近いろんなアプリのサポートが終了して、そろそろ限界を感じてます。

    こういう話を聞くと、凄く触発されます(笑)

    • カタ平さん
      いいですよ、2017!と煽っておく(笑)。
      とりあえず無駄に写真アプリでTouch Bar使ったりしてます(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK