ゆーすけのゆーとぴあ ver. 2.1

~ Celeste + α な生活 ~

出来事

要注意!

昨日、大変なことになってしまいました。皆さんもお気をつけ下さい。

 

 

何が起こったのか結果から言うと、「熱中症」になりました。病院に運ばれたわけではないので確かなことはわかりませんが、症状からして確実に「熱中症」だと思われます。

原因は恐らく「寝不足」。ワタクシの経験が皆さんの反面教師になればと思い、関係ありそうな金曜から日曜までのワタクシのスケジュールを書いてみます。

 

5日(金)

4時45分    起床 ⇒ 仕事

21時頃     帰宅

25時半     友人宅へ

28時半     就寝

 

6日(土)

6時半頃     起床

11時半     横浜でテニス(2時間半程度)

14時       テニス終了

このテニスをしているときに軽い吐き気がありました。「寝不足だしちょっと疲れてるのかなぁ」程度に思ってました。ただ、かなりしんどかったので、帰宅後はシャワーを浴びて、軽く睡眠(20分ほど)をとりました。

15時       帰宅 ⇒ シャワー ⇒ 仮眠

16時半     友人宅へ

19時頃     友人宅に到着

27時半頃    就寝

 

7日(日)

8時頃      起床

9時過ぎ     習志野でテニス(2時間弱)

このテニスでも30分程度ラリーしただけで、気分が悪くなってました。テニスできないほどではなかったので、そのまま続けてプレーしていました。ただ、残り20分程度は立ち上がるとつらかったのでベンチに座って休憩してました。

11時半     昼食

13時       午前中と同じコートでテニス(1時間半程度)

昼食時にわき腹や肩甲骨付近で軽い痙攣が起こったりしましたが、体を動かせないわけでもなく、少し痛い程度だったので、気にしていませんでした。またクーラーの利いた場所で昼食をとったおかげか気分はかなり改善されていたので、無理はしないようにしながらテニスを続けました。天気が非常によくかなり暑い日だったので、水分補給を頻繁に行い、アイスバックで首筋や後頭部を冷やしたりして、熱中症予防に心がけたつもりではいました。ただ、このテニスの時も軽い吐き気やベンチから立ち上がるときに立ちくらみなどはありました。

14時半     降雨のためテニスを中断

激しい夕立&雷だったので、急いで荷物を片付けクラブハウスの軒下に避難しました。そこで、段差に腰掛けて休憩していたのですが、その段階で両太腿や右下腕、腹筋などが断続的に痙攣し始めました。体勢を変えようとしてちょっとでも力をかけるとその筋肉が痙攣するって感じでしょうか。まったく身動きができなくなりました。

30分~1時間程度そのまま休んでいるとかなり楽になったので、着替えようと思い立ち上がったところ、両足及び右腕が激しく痙攣を起こし、自力で立っていることができず、倒れこむようにしてなんとかその場に寝転がりました。そこからはまた両足・右腕・腹筋・肩甲骨付近が断続的に痙攣するため、寝転がったまま体勢を変えることもできず、痛みに耐えるしかありませんでした。また、この倒れこんだ時は、急に息苦しくなり、体中から冷や汗が出ているような感覚がありました。

一緒にテニスをしていた友人に買ってきてもらった塩飴で塩分を補給しながら、スポーツドリンクで水分補給も行いつつ、アイスバックや保冷材で頭や首筋を冷やして、約2時間程度そのまま寝ていました。そうすると気分は楽になり、また痙攣も治まりました。

 

その後は体調も快方に向かったので、部屋に帰って22時頃には寝るようにしました。おかげで今日もなんとか出勤できております。今の体調としては、若干車酔いのような感覚があるものの、基本的には元気になっていると思います。体については、両足にマラソンを走り終えた後の筋肉痛のような痛み&疲労感があります。これはワタクシの推測ですが、痙攣を繰り返している間、本来かかる以上の力が筋肉にかかっていたのではないでしょうか。おかげで、階段の昇降が結構つらかったりします。。。

 

というわけで、スポーツ中は体を冷やしたり十分な水分補給をしたりしていたのにも関わらず、このような症状になってしまったのは、恐らく「寝不足」や「疲れ」によるものじゃないかと思います。皆さんもワタクシのように無理はしないように気をつけてください。

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 熱痙攣かな。そこまで行くようだと、そのまま続けるとけっこう危なかったかもしれんね。すぐ救急車を呼ぶ勇気も必要、かも。

  2. さんげんさん>
    多分熱痙攣なんだと思います。
    熱中症って予防方法として水分や塩分の補給が知られてるけど、実際に症状が出たときにどう処置するのがベストなのかはよく分からず、結局水分・塩分の補給と体の冷却以外の処置はできませんでした。
    周りにいた友人によると「ゆーすけがしゃべらなくなったら救急車呼ぼうと思った。」との事でした。

  3. 処置は、基本的には冷却やなー(今夏経験済)(笑)首、腋下、大腿部付け根。
    っていうか、原因は睡眠不足!(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK