パク森カレー

この記事をシェアする!

「行きつけにしたいあの店」シリーズの「パク森カレー」です。

paku1.jpg

パク森カレー
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

東京市谷にある名店、「パク森」のカレーです。2種類のカレーを使用するのですが、それをうまくレトルトで再現しています。

paku2.jpg

レトルトパックが2つ入っています。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

扉写真に載せたパッケージを見てもらうと分かると思いますが、ここのカレーはキーマカレー風のドライペースト部分と色の薄いさらさらとしたプレーンカレー部分の2種類のカレーがかかったものなんです。なので、2種類のレトルトパックが入っています。

なるべくパッケージに近い形で盛り付けてみました。

paku4.jpg

 ちょっとご飯の”高さ”が低かった・・・。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

 パッケージではベネズエラのギアナ高地っぽく(ちょっとわかりにくいですが、オーストラリアのエアーズロックのデカイ版)なってますが、ご飯をうまく形成できませんでした。まぁ、これでも十分おいしそうでしょ?

paku5.jpg

2つをうまくすくってみました。
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

さて、いただきます。

これはなかなかいい感じです。ドライペーストの方はスパイスをしっかり炒めてあるようで、辛いというよりは苦味が利いている感じです。そして、プレーンカレーの方は野菜の甘みがしっかり入っていて、甘口カレーってところでしょうか。その2つを一緒に口に入れるとうまく混ざり合い、普通のカレーとはちょっと違った味わいです。

辛いカレーが好きな方にはいまいちかもしれませんが、これはこれでスパイスが利いていておいしいと思います。

この「パク森」は市谷が本店ですが、渋谷にも出店しているようなので、一度行ってみたいと思いました。