写真?絵画?

この記事をシェアする!

先日、千葉県千葉市にある「ホキ美術館」に行ってきました。

東京駅から1時間強かけてJR外房線土気駅へ。そこからバスで向かいます。ちょっとした小旅行な気分・・・(笑)。

hoki1.jpgホキ美術館入り口
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

このホキ美術館は写実絵画と呼ばれる絵画の専門美術館なんです。

写実絵画とは、一言でいうと「リアル」な絵画のことです。いかにリアルに書くかということを追求することを写実主義と言ったりしますが、そのような絵画がたくさん集められた美術館になります。

この美術館に入ってすぐに、写実絵画についての解説が書いてあるのですが、そこに「写真」と「絵画」の違いについて書いてありました。

それによると、写真ではある場所にピントがあっている状態だが、絵画は全ての場所にピントがあっている状態。そこが一番の違いだそうです。

hoki2.jpg入口までのスロープ
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

結構たくさんの絵画が展示してあり、一通り見て回るだけでかなりの時間がかかりました。

どれもこれも「リアル」そのものです。少し離れてみると完全に写真のように見えます。近づいてみると絵画だと分かるのですが。

少し趣向の変わった美術館でなかなか楽しめました。東京からも少し遠いですが、もし機会があれば一度訪れてみるのも面白いかもしれません。