SORAから105へ 【組立編】 第2話

この記事をシェアする!

非常に久しぶりになってしまいました。

前回、主に足回りのコンポの取り付けまで終りました。

次はタイヤ絡みのところをいじってみましょう。

105-1.jpg

乗せ替え前の足回りはこんな感じ
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)



タイヤ絡みといってもタイヤに関係したコンポは①カセットスプロケットと②ハブくらいしかありません。

その中でも、②ハブを交換するためにはホイールごと組みなおす必要があるので、さすがにここはパス。新ホイールを買うのも経済的に厳しいので、ハブだけはSORAのままになりました。

さて、では①カセットスプロケットの交換を行います。

105-29.jpg105のカセットスプロケ CS-5700
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

カセットスプロケも歯数で4種類あります。

全て10速で11/25、11/28、12/25、12/27の4種類です。105も11速化するらしいですが・・・。

今回は11/25にしました。歯数としては、11-12-13-14-15-17-19-21-23-25の10速です。一応、ギア比(前ギアと後ギアの比率で、それによって足の回転数とタイヤの回転数の比率が決まります。)も計算しつつ、自分に合いそうなものにしました。

105-33.jpgカセットスプロケのはずし方
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

このカセットスプロケですが、「スプロケ回し」と「ロックリング回し」という二つの専用工具が必要になります。

上の写真でチェーンみたいなのがついてる棒が「スプロケ回し」。これでカセットスプロケが回らないように固定します。

スプロケの先っぽについてる黒っぽいボルトみたいなのが、「ロックリング回し」で、これにモンキーレンチ等で力を加えて回すと、カセットスプロケが外れます。

105-34.jpg取り付けは逆に締め付ければOK。
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

このカセットスプロケはギア1枚ずつばらけるので、間のスペーサーの位置に注意です。説明書通りに取り付けて、上記2つの工具を使用してしめつければ完成です。

ついでにタイヤのゴムの部分も取り替えてしまいます。

105-35.jpgタイヤレバーを使って取り外していきます。
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

これは、自転車乗りならできる人が多いのでは?

タイヤレバーを使って、少しずつはずしていきます。

で、新しいタイヤをつけるわけですが、コンセプトは当然「チェレステ&イエロー」(笑)。

105-36.jpg後輪の交換完了!
Sony α77 × Vario-Sonnar T* DT18-80mm F3.5-4.5ZA (1680Z)

前後ともにイエローのタイヤに替えてみました。経験した人は分かると思いますが、ホイールにタイヤをはめ込むのが結構大変。。。

体力を一気に奪われたので、今日はこれぐらいで・・・。