全米オープン 続報

この記事をシェアする!

大会が始まって2週間。そろそろチャンピオン決定の時期です。

今日の記事で男子・女子ともにチャンピオンについて書けると思っていたのですが、男子シングルス決勝は雨で延期になってしまい、まだ男子チャンピオンは決定していません。

女子シングルス

キム・クライステルスが優勝しました。いやぁ、圧倒的な強さですね。決勝でもズヴォナレーワ相手に6-2・6-1と寄せ付けませんでした。ヴィーナス・ウィリアムス以来の全米連覇を果たした彼女ですが、ブランクを挟んで全米21連勝中なんだそうです。まだまだ彼女の活躍には目が離せません。

男子シングルス

上にも書きましたが、雨で延期になった為、決勝は今この瞬間に試合中です。対戦カードは第1シードのラファエル・ナダルと第3シードのノバク・ジョコビッチです。今回は珍しくワタクシが応援している選手が勝ち残っています。

準決勝でジョコビッチはロジャー・フェデラーを破ったわけですが、マッチポイントを握られながらも逆転で勝ちきった彼はいつもとは少し違う気がします。全豪オープン以来のグランドスラムタイトルをぜひ手中におさめてほしいものです。

男子シングルスの速報ですが、現在ナダルが6-4・5-7・6-4とリードしていますが、まだまだ白熱した展開です。

車椅子テニス

このブログでも何回か紹介している国枝慎吾選手ですが、今回もやってくれました。全米連覇です。決勝は相手の棄権による不戦勝と、ちょっと残念な感じはありますが、これでグランドスラム11連勝中。なかなか素晴らしい記録だと思います。まだ26歳ですし、この調子でがんばっていってほしいものです。

§追記(2010年9月14日)

ナダルが優勝を決めました!ジョコビッチは残念でした。。。
でもナダルはこれで史上7人目の生涯グランドスラム達成です!