ふゅ〜じょん!

この記事をシェアする!

某漫画に出てきそうな題名ですが、内容は全く関係ありません。。。(笑)

ワタクシの持っているMBA(Master of Business Administration ではなく、MacBook Air です。紛らわしい 笑)にインストールしたアプリケーションソフトのお話です。
fusion2.jpgこいつがひゅ〜じょん!です。
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

このひゅ〜じょん!・・・、FUSIONですが、扉写真のパッケージにもある通り、Mac上でWindowsを使用するためのアプリケーションソフトなんです。
Mac × Windows
Mac上でWindowsを起動させる方法はいろいろとあります。Mac OS X10.5 (Leopard)以降であれば標準で「Boot Camp」というアプリケーションソフトがインストールされており、それを使えばMac上でWindowsを使用することは簡単にできます。
fusion1.jpg実際にMBA上でWindows8が起動してる状態。
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ただ、Boot Campだとちょっと面倒なことがあります。Mac OSとWindowsを切り替えるのに再起動する必要があるんです。ワタクシはITに関してそんなに詳しいわけではないので、非常に簡単なことしか理解できていませんが、再起動が必要な理由を簡単に言うと、ハードディスクの中にパーティション(仕切り)を作り、Mac OSが起動する領域とWindowsが起動する領域を分けているからです。(とワタクシは理解しているのですが、もしかしたら間違えているかも・・・。)
FUSIONを使うと
しかし、今回紹介するFUSIONを使うと再起動の必要はありません。
このアプリケーションソフトはMac OS上で別のコンピュータを立ち上げてしまう感じなんです。仮想化とかいうやつですね。つまり基本的にはMac OSが起動していて、その上でひとつのアプリケーションのように別のOSを立ち上げてしまう感じです。(とワタクシは理解して・・・(以下略))
というわけで、上の写真ではフル画面でWindows8が立ち上がっていますが、一つのウィンドゥとして立ち上げることが出来るんです。当然、同じOS上で起動しているので、データの共有なんかも非常にスムーズです。
この辺がパッケージにある「シームレスに実行」っていう所なんでしょう。
fusion3.jpgWindows8 DSP版
Sony α77 × DT30mm F2.8 Macro SAM

ただし、このFUSIONを使用してもBoot Campを使用しても必要となるのが、OSのインストールです。まぁ、当然と言えば当然の話ですが、Windowsを使用したければWindowsを購入する必要があります。
若干の後日譚
と、いろいろと手順を経てWindows8が起動できるようになったワタクシのMBAですが、ワタクシのやりたかった事はなんとWindows7でないと不可能な事が判明しました。。。早く8にも対応してくれよう。。。
泣く泣くWindows7も購入しましたとさ(涙)
結果として、ワタクシのMBAではMac OS X 10.8 (Mountain Lion)とWindows7とWindows8が同時に起動できるというちょっとマニアちっくなMBAになってしまいました・・・。



コメント/トラックバック/ピンバック

  1. 高瀬賢一 より:

    オモローー!

  2. ゆーすけ より:

    高瀬さん>
    なかなかオモローでしょ?結構な費用がかかってますが・・・。