さすが!

この記事をシェアする!

ついにこの日がやってきました。

今日行われたダンロップワールドチャレンジ(女子)で、伊達公子さんが優勝しました。これでついに世界ランキング日本人最高位になるそうです。

まぁ、杉山愛さんが引退したのは大きいですが、39歳になる伊達さんが再び世界ランク2桁で活躍してるってのがすごいですね。

ちょうどワタクシがテニスを始めたころ、伊達さんの全盛期(世界ランク4位)で、彼女の使用していたヨネックスのラケット・RD-8も大人気でした。

で、ワタクシの恩師であるテニス部の顧問が伊達さんの大ファンで、当然使用ラケットはRD-8。また、指導も『ラケットはそんなに大きく振ったらだめなんだよ!伊達さんを見てみろ、あんなにテイクバック小さいんだぞ!』とよく言われたことを思い出します。

そんな伊達さんが当時と同じスイングで、今のパワーテニス主体の女子テニス界で再び活躍されています。当時、世界最高のライジングショットと呼ばれていましたが、そのテクニックはいまだ健在なのでしょうか。

テニスはパワーだけではないことを体現してくれているのだと思います。

ただ、聞いた話だと、伊達モデルのラケット(今使っている白とオレンジのもの)は、一般販売されているラケットより100gも重く作られているそうです。その重さなんと375g!!

ワタクシ、335gのラケットでも相当重たく感じているのですが・・・(汗)

§追記(2009年12月22日)

昨日、来年のフェド杯日本代表の発表があり、伊達さんが13年ぶりに日本代表に復帰することがきまりました。13年前には、日本はまだワールドグループにいて、ドイツとの1回戦で世界ランク1位のグラフを死闘の末、撃破した試合は今でも忘れられません。
現在、アジア・オセアニアゾーン1部に落ちてしまった日本代表ですが、ぜひワールドグループ復帰を果たしてほしいと思います。