バスタルド

この記事をシェアする!

イタリア北部にあるグラッパ山で作られるチーズです。

bastardo1.jpg

Bastardo
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

これ、扉写真を見ていただいたらわかると思うのですが、端がちょっと欠けてるでしょ?おかげでかなりお安く買えました♪

さてさて、チーズの紹介です。

この”バスタルド”とはイタリア語で「ちくしょう!」という意味なんだそうです。昔、違うチーズを作ろうとして、それが出来ずにこのチーズができてしまって、「バスタルド!」となったらしいです(笑)。

bastardo2.jpg

ちくしょー!(笑)
Sony α200 × DT30mm F2.8 Macro SAM

そんなバスタルドですが、チーズとしてはとてもバランスのよいものになっています。甘みや塩分が程よく利いています。ただ、ワタクシにとっては少し酸味がきつい気がしました。もう少しまろやかなほうがワタクシは好きですね。でも、ワインと合わせるとその酸味もいいアクセントになってとてもおいしくなりました。また、サラダ等にいれてもおいしそうなチーズです。